自分の普段の中に出会いはある!一石二鳥が男友達を作るキーワード!

自分の普段の中に出会いはある!一石二鳥が男友達を作るキーワード!

 

老若男女、人と人との出会いはそれが自然であればあっただけ気楽で素敵なものですね。それが異性と出会うとことでしたら尚のことです。昨今は「自然に出会うため」の方法や場所や活動などは沢山あります。SNSの広がりを利用してその情報を入手したり実際に誰かと知り合うことも可能です。しかしそのような方法で出来る方法などを「やりたくない」場合や「やり尽くしてしまった」場合はどうしたらよいのでしょうか?

 

その答えはいたってシンプルですが、自分が「やらざるをえないこと」「やりたくてやっていること」の中から出会いを探すことです。出会いの可能性や選択の範囲を広げる事に時間を使いすぎてしまっていませんか?そのせいで本来の目的が達成されていないのではないでしょうか。毎日する事はご自身の環境によりその内容は様々であると思います。その中でもオススメの用事を2つ例としてご紹介したいと思います。

 

1つ目は通勤、通学です。特別な事情がない限りは多くの方がどこかへ「通って」いると思います。ごく一般的な方であれば週に5日同じ事を必ずしています。公共交通機関を利用している方、自転車に乗っている方、徒歩で通える範囲である方など移動の方法はそれぞれではあります。しかし自宅を出てどこかへ行き、どこかから自宅へ帰ってくるという行動は誰しもがしている事です。その移動の時間の中にいる異性に今、改めて注目してみることです。わざわざ出会いの場に出かけていく時間を取らなくても、本人をその場で実際見ることができるわけですので不要な心配は減ります。話しかけるに至らなくても見た目である程度の情報は取れるはずです。今現在は注目すべき人がいないかもしれません。しかし不確定な出会いの方法の中にいる不特定多数の人の中からこれという異性を探すことと、確率や苦労はそれほど変わりません。

 

2つ目は飲食です。ランチでもひとり焼肉でも居酒屋でもコーヒーブレイクだけでも何でもいいです。スーパーやコンビニで買って帰るにしても、とにかく何らかのお店には入りますよね。そしてそこには必ず人がいます。無人ではありません。通勤通学の時と同様に今一度そこにいる人達に注目してみましょう。店員さんでもお客さんでもどちらでも構いません。毎日行かないとしても行きつけのお店が数件はあると思います。商品や注文を介してやりとりをすることも可能ですので、見た目だけでなくそこからも自身の好みを見つけられるかもしれません。洋服やバックなどの「物」を購入する場面は毎日はありませんが、飲食もこれまた特別な事情がない限り毎日のことです。それならば・・・と、一石二鳥の気楽な構えで異性を見てみて下さい。

 

このような流れの中に自身が気になる人を見つけられたら、それが「友達」であり「恋人」になるではないでしょうか。恋人というと意識してしまうなら、頭の中では少し遊んで「ボーイフレンド」と片仮名で位置づけしても楽しいかもしれません。これという人を見つけたその後にする行動は、見つけた後にゆっくり考えればいいやと思って探してください。まずはこのような気持ちになることが出会うために大切なことです